毎日の食事メニューに悩むなら

こんにちは。
新しい年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします✨

年が明けると、育休中のお母さんたちは4月からの復職も近づき、育児との両立も心配になってくる頃。
ただでさえ忙しいお母さんたちに、ぜひ伝えたいのがこれ。

《一汁一菜》


忙しいお母さんだけでなく、母乳育児中のお母さんも乳質がよくなる効果もあって必見です!
あと、母乳が出すぎて困っているお母さんも改善される可能性大ですよ。


一汁一菜とは?
一汁一菜とは、汁物一品とおかず一品。

ウィキペディアによると、
『もともとは、おかずが一品のみしかない「質素な食事(粗食)」の意味で用いられた言葉であったが、食生活の欧米化や食べすぎ(栄養過多)、肥満傾向、生活習慣病、「飽食」が日本人の健康を害しているという事実が明らかになってきた近年は、むしろ良い意味の言葉とされ、(食べ過ぎを防ぎ)健康に良い食事・献立、として着目されるようになった。』
とあります。

内容次第で栄養満点!
汁物一品とおかず一品とありますが、これ、おかずにこだわらなくていいんですよ。
ご飯とお味噌汁とかでいいんです。

ご飯と味噌汁だけ!?と思うかもしれませんが、この汁物がポイントです。

私はお味噌汁にすることが多いですが、たっくさん具を入れます。
いわゆる具だくさんお味噌汁。
大根、人参、しいたけ、ごぼう、お揚げに長ねぎ。
お野菜から出る甘さがお出汁と一緒になると、まぁ何杯でも食べられてしまいます!

余った野菜の使い道にもなります。
たくさんの野菜を一度にたくさん食べられて、案外お腹いっぱいになるんですよ〜。
これに少しのお漬物とか納豆とかを付けます。
余裕があればお魚を焼いてみたり。

お母さんにはいいことずくめ!
この一汁一菜、とーーっても家事が楽になります!

1.献立を考えなくてもいい

今日は夕飯何にしよう…
毎日午後になるとやってくる憂鬱な時間。これがあっという間に終わります!
だって冷蔵庫や家にあるものでお味噌汁にしちゃえばいいんですから。

2.洗い物が減る、カンタンになる

おかずを作らないということは、今までそれに使っていたお皿もお鍋もフライパンも洗わなくていいんですから!
しかも、油っこいものをつかっていなければお茶碗だって水洗いで落とせるくらいしか汚れません。
洗剤だって必要なし。手荒れも改善✨

3.子どもに食べなさーい!っていう回数が減る

たくさんメニューがあればあるほど、子どもが残すたびに、
あー!これ残ってる!
これも食べなさーい!
言いたくなりますね〜。これってけっこうなストレスですよね。
でもメニューも少なければその負担も軽減。

4.母乳の出すぎも軽減、乳質向上

母乳が出すぎて困っているお母さんも少なくありません。
その原因の多くは、カロリー過多。
乳製品や肉、卵など動物性のものを多く取りすぎると、母乳の質も悪くなります。
一汁一菜で、食べ過ぎを防ぐことで作られる母乳の量を少し制限できるようになります。
また、油っこいものなどの摂取も減らすと、乳質もよくなると言われています。乳質がよくなると、おいしいオッパイになり、赤ちゃんもたくさん飲んでくれるようになりますよ。



さぁ、今夜から一汁一菜始めてみませんか?
パパのご飯は一品余裕があったら作ってあげましょう。
我が家は、この実践によって私のストレスが相当軽減されていて、それが家族にとっていい方向に向かったので、おかずなしで理解してくれています。足りなかったら自分で買うなり、こちらで調理済みお惣菜を用意したりしています。

子育てと家事の両立たいへんだもの。
パパのご飯はしはらく自分で用意してもらうのもありだと思いますよ。だって今だけなんだから。

参考にしたコラムはこちら
よければ読んでみてくださいね〜。








manmaru yoga

☆お母さんが毎日笑顔でいるためのヨガ教室☆

0コメント

  • 1000 / 1000