楽しみながら赤ちゃんの成長を応援!

ベビーヨガとは?

ベビーヨガは、ヨガのエクササイズを取り入れた親子で楽しめる体操プログラムです。


赤ちゃんは、普段のちょっとした働きかけが発育を促すことにつながります。

ベビーヨガではその”ちょっとした”働きかけを、赤ちゃんが大好きなお母さんと一緒に行います。

お母さんと赤ちゃんが目と目を合わせ、笑顔で向き合うことで、今この時に感じられる我が子の成長を

楽しむことができます。

そして、お母さんと赤ちゃんの信頼関係を深めます。

日常生活の中にも取り入れることができるのも魅力のひとつです。


どんなことをするの?

首すわり前の赤ちゃんでもできる、とっても簡単な体操です。

月齢が進むにつれ、できる動きは増えていきます。


ごろんと寝転んで、お母さんが優しく足をもって閉じたり開いたり、屈伸したり。

お母さんと一緒におすわりをして、まーるくなったり、胸を開いたり。

うつぶせでやる動き、ころころ転がる動きなどいろいろあります。

でもどんな体操でも、基本は、『お母さんと一緒に』。

大好きなお母さんと一緒だからこそ、安心して普段と違う動きだって楽しくできるんですね!

どんな効果があるの?

お母さんと赤ちゃんの愛着が深まります。

他の赤ちゃんと比べることなく、今の我が子の成長を尊重しサポートできるようになります。

お母さんは、赤ちゃんからの欲求やサインを理解できるようになります。


赤ちゃんの様々な感覚を刺激します。

関節や筋肉の運動で体の発育を促し、たっちやはいはいの練習にもなります。

呼吸器や消化器官などの働きを高めることができます。

赤ちゃんにとっては運動量が多く、寝付きがよくなったり夜泣きがなくなることにつながります。

リラックス効果も高まります。

全身の血流やリンパの流れもよくなり、免疫力アップにつながります。


一緒に行うお母さんの産後の体のエクササイズもできます!


ベビーヨガに適した月齢は?

生後1ヶ月半〜であれば大丈夫。

一部首がすわらないと難しい体操もありますが、月齢に合わせて講師が動きを調整します。

活発に動き始めると、お歌や絵本の読み聞かせなどに合わせて行う体操などで楽しめます。


2、3歳になっても、お母さんに抱っこされたり肌同士をくっつけるのは嬉しいもの。

ぜひやってあげてください。


クラスはどんな流れ?

大きく分けて2つのパートで構成されます。

●ベビーヨガ(赤ちゃんが行うもの、ママのエクササイズにもなるもの)

●ママのための産後ヨガ・エクササイズ

赤ちゃんのご機嫌に合わせて、どちらを先にするかはその都度変わります。


ベビーヨガは、約20分ほど。

一つ一つの動きをゆっくり行ったり、お歌や絵本に合わせて体操をしたりします。

お隣のお友達と仲良くなれるチャンスです♪


ママのための産後ヨガは、30分ほど。

誰でもできる簡単なヨガのポーズをベースに、体をほぐし、鍛えて、緩める。

産後なら絶対に鍛えたい”骨盤底筋群”のエクササイズや、呼吸法までギュッと詰まった

プログラム。心と体がほっとします。


ベビーヨガも、ママのための産後ヨガも、どちらもおうちでできるものがたくさん。

ぜひ赤ちゃんとお母さんの楽しい時間に役立ててください♪


受講するママへのお願い

1.授乳について

体操の中には、赤ちゃんのお腹を圧迫したりするものもあります。

授乳直後の受講は、母乳やミルクの吐き戻しをすることもあります。

赤ちゃんが快適に体操ができるよう、授乳はクラス開始30分前までにお済ませ下さい。


2.クラス中に泣き出したり、やってくれないとき

まずは赤ちゃん自身の気持ちをしっかり受け止めてあげてください。

今どうしたいのか、赤ちゃんに優しく触れて、聞いてあげましょう。

泣いているから周りのお母さんに迷惑だからと、母乳やミルクで口封じをする必要はありません!

みんな同じお母さんたち。泣いている赤ちゃんには慣れていますよ。

お母さんが赤ちゃんの様子をしっかりと見て、感じて、大丈夫!と感じたら、泣きっぱなしでもOKです。


また、ハイハイが始まりベビーヨガをやってくれないこともあります。

赤ちゃんはたくさんのことに興味津々。その日、その時の気分があるのは赤ちゃんも大人も同じ。

今日はベビーヨガの気分じゃないのね。そんな時もあるよね。

無理強いすることはママにとっても、赤ちゃんにとってもストレスですね。赤ちゃんの気分を尊重し、

ベビーヨガの時間でできるママのカラダのエクササイズをしてみましょう!